ビタミンB2には、脂質、糖質、たんぱく質がエネルギーへ変換するのを促進する働きが!

ビタミンB2

ビタミンB2には、脂質、糖質、たんぱく質がエネルギーへ変換するのを促進する働きがあります。

皮膚や爪等、細胞が作られるときにとても必要なビタミンで、成長には欠かせないビタミンだと言われています。

肌の細胞が生まれ変わる時にも大量にビタミンB2が必要となるのでビタミンB2が不足すると肌のターンオーバーが上手くいかくなります。

1日に必要な摂取量は成人男性で1.6mg、成人女性で1.2mgとなっています。ビタミンB2が含まれている食材は牛乳や鶏卵、豚レバーや牛レバー、豚肉などに多く含まれています。

ビタミンB2が不足してしまうと口内炎や口角炎と言った口内や舌の粘膜に症状が出やすくなります。

皮脂が脂っぽいなと感じたらビタミンB2が不足しているかもしれません。

成長期の子供や、妊娠している女性には特に不足しがちとなるビタミンB2ですので意識的に補う事をおすすめします。

ビタミンB2が不足すると、成長がストップしてしまうと言う事が何より怖いですよね。

バランスの取れた食事を3食きちんと摂っていれば不足する事は少ないと言われていますが、きちんと足りているかな?

という確認の意味でも、一度食生活を見直してみることをおすすめします。

ビオチン

ビオチンと言うのはタンパク質、脂質、糖質のすべての代謝に関わっているビタミンです。

皮膚や髪の毛に深く関係しており、白髪や脱毛、皮膚炎などの改善にも関わっているビタミンだと言われています。

ビオチンはアレルギーの原因と言われるヒスタミンを除去する働きもあると言われており、アレルギー持ちの人にはおすすめのビタミンです。

ビオチンは腸内でも合成されるビタミンの為、通常では不足は起こりにくいビタミンだと言われています。

1日の摂取推奨量は成人男性、女性共に50μgと言われています。

ビオチンをふくむ食材には鶏卵やしいたけ、マッシュルーム、タマネギや鶏レバー、豚レバーなどにも含まれています。

腸内で合成される事もあり、通常の食生活では不足する事が少ないと言われているビタミンですが、不足すると脱毛や皮膚炎、疲労感と言った症状を引き起こす事もあるようです。

鶏卵にも含まれているビオチンですが、生で食すと腸内でビオチンの吸収を妨げられるそうです。

なので鶏卵を食べる場合には生ではなく、きちんと火を通して食べるということがおすすめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です