B12は血液中のヘモグロビンを作ったりDNAの大元である核酸を合成する!

B12は血液中のヘモグロビンを作ったりDNAの大元である核酸を合成する!

B12は葉酸と一緒に血液中のヘモグロビンを作ったり、DNAの大元である核酸を合成する働きを促進します。

その為、ビタミンB12には造血のビタミンと言う別名があります。

末梢神経の異常を修復したりする効果もあります。 脊髄や胃の粘膜などで活躍する他、睡眠とも大きく関わりがあると言われているビタミンです。

ビタミンB12の1日の摂取量は成人男女ともに2.4μgとなっています。

ビタミンB12が含まれている食材にはしじみ、あさり、牡蠣等の貝類やすじこ、たらこと言った魚卵に含まれています。

通常の食生活を送っていれば、ビタミンB12が不足する事は少ないと言う事ですが、もし不足した場合には悪性貧血や神経障害などの症状が現れることがあるようです。貧血についてですが、貧血の原因は大きく分けると3つになります。

血中の鉄分が不足する事で起きる貧血や、ビタミンB12no不足によりヘモグロビンの生成が足りずに起きる悪性貧血、葉酸の不足によって赤血球の生成が足りずに起こる大救性貧血です。

貧血=鉄分と考えがちですが、ビタミンB12や葉酸不足によって起こる貧血もある事から、ビタミンの摂取がいかに大切かと言う事が分かりますね。

普段の食生活のバランスに自信が無い人はビタミンがバランスよく含まれたサプリメントなどで補給してあげることをおすすめします。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の代謝に欠かせないビタミンです。アミノ酸の代謝も促進し、脂質の代謝にも関わっています。

血液中に存在するヘモグロビンの合成を促進する造血作用もあり、皮膚にとっても無くてはならないビタミンです。

ビタミンB6の1日の摂取推奨量は成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgとなっており、上限摂取量は男性が60mg、女性が45mgとなっているようです。

ビタミンB6を多く含む食品はマグロやカツオなどの魚類、バナナやぎんなんなどに含まれています。

ビタミンB6が不足すると頭痛等の神経系障害や、貧血、肌荒れなどの症状が現れると言われています。

ビタミンB6は妊娠中の女性は特に不足すると言われています。

妊娠中でもつわりのひどい人や全くつわりを感じない人などがいますが、このつわりにはビタミンB6が関係しているようです。

つわりがひどい人と言うのはビタミンB6の不足が指摘されています。

ビタミンB6はビタミンB2と同様に不足すると口内炎や肌荒れ等が指摘されています。

すぐに口内炎になるなどの症状の場合はこれらのビタミンが不足している事が考えられるので、チョコラBB等のビタミン剤の摂取をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です