ビタミンKは血液を固める働きやカルシウムを骨に取り込み易くする!

ビタミンKは血液を固める働きやカルシウムを骨に取り込み易くする!

ビタミンKには血液を固める働きや、カルシウムを骨に取り込み易くするための、たんぱく質の働きを促進する働きがあります。

最近では新生児にビタミンKのシロップを投与しますね。

1日の摂取量は成人男性で75μg、成人女性で60μgとなっていて上限量は定められておりません。

ビタミンKが含まれる食材には納豆や、ホウレンソウ、明日葉などの緑野菜や緑茶などにも含まれています。 一番多く含まれているのは納豆で、1食分約30gには180μgで、1日に1回食べていれば、必要な摂取量は補えると言われています。

また腸内に存在する微生物によってもビタミンKは作り出されると言われていますので、腸内バランスが良い人は不足の心配は無いと言えます。

反対に、風邪や病気などで抗生剤を飲んでいる人は腸内バランスが崩れビタミンKが不足している場合がありますので、積極的に納豆を食べることをおすすめします。

ちなみにビタミンってA~Eまでは全部あって、F、G、H、Iなどは無くてビタミンKがあります。

これはビタミンKが血液の凝固(Koagulation)を意味する所からビタミンKと名付けられたそうです。

ビタミンC

ビタミンCは美肌のビタミンとで知られているように美肌作りには欠かせないビタミンですね。

体内でコラーゲンを生成されるときに必要不可欠なビタミンと言われおり美肌作りには欠かせません。

またビタミンCの持つ抗酸化作用の力で動脈硬化などの予防や、免疫力をアップし風邪などのウイルスから身体を守る役割があります。

ビタミンCの1日の摂取目安量は成人男性、女性共に100mgとなっています。喫煙をする人は特にビタミンCが破壊されやすいと言われていますので、積極的に摂取する事をおすすめします。

ビタミンCが含まれている食材はキウイや柿、ミカン、レモンなどの柑橘系果物やホウレンソウや小松菜などの葉野菜に多く含まれています。

現代ではビタミンCの存在は知らない人はいないと思いますが、18世紀以前にはまだその存在が知られておらず、ビタミンC不足で起こる壊血病と言う体内のあちこちで出血し、骨がボロボロになって死に至る恐ろしい病気がありました。

これはビタミンCが不足する事によってコラーゲンの生成が減り、出血すると言う様な仕組みの様です。

ビタミンCはとてもデリケートでアルコールや喫煙、睡眠不足やインスタント食品と言った生活を送っていると不足しやすくなるビタミンです。

ビタミンC配合のサプリメントなどで体内に不足しないようにしてあげることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です